奄美の自然を描いた孤高の日本画家・田中一村を知ろう

奄美の自然を描いた孤高の日本画家・田中一村を知ろう

2024年2月5日更新
2024年9月19日より「田中一村展 奄美の光 魂の絵画」が東京都美術館で開催

 

奄美大島で独自の日本画を描き、「日本のゴーギャン」とも呼ばれる孤高の画家・田中一村。奄美大島の自然を愛し、昭和期に活動していた日本画家です。

本記事では、元田中一村記念美術館顧問、田中一村研究の第一人者である大矢鞆音氏が、田中一村のことについてご紹介します。

田中一村(たなか いっそん)※田中一村記念美術館より抜粋

明治41(1908)年、栃木県生まれ。大正15(1926)年に東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科入学後、わずか2か月余りで中退。その後は、南画家として活動。第19回青龍展に「白い花」を出品入選するが、その後中央画壇とつながりをもつことはなかった。昭和33(1958)年、50歳で単身奄美大島に移住。紬工場で染色工として働き、蓄えができたら絵を描くという生活を繰り返し、亜熱帯の植物や動物を描き続け、独特の世界を作りあげた。絵描きとして清貧で孤高な生き方を通した一村は、昭和52(1977)年、誰にも看取られることなく69年の生涯を静かに閉じた。

 

田中一村のこと

「若冲と一村」を陳べた展覧会が、今箱根の『岡田美術館』で開かれています。思えば隔世の感ひとしおです。田中一村という名を初めて目にし、耳にしたのは、1,985(昭和60)年12月のNHK日曜美術館でした。
無名の田中一村をその番組の中で、岡田美術館の館長となった小林忠さんが「若冲と一村」が極めて似ているということを語っていました。全く無名の画家を取り上げることが珍しい時代に、奄美大島で、人知れず描き、この世を去った田中一村を取り上げたのです。

作品はクローズアップされ、音楽がかぶり、人々の五感にしみいる様に伝わりました。田中一村は一躍脚光を浴びたのです。私も初めて知った画家でした。私の父とまさに同じ時代を生きた画家です。私は編集者として直ちに『田中一村作品集』をつくり、以来40年近く田中一村の足跡を訪ね、田中一村の紹介に携わってきました。南画から出発した田中一村が、50歳を目前に奄美に渡り、墨の美しさを生かしながら、≪南の琳派≫とも言える、つややかな、華麗な作品を残したのです。

東山魁夷、橋本明治、加藤栄三といった昭和の画壇を代表する画家たちと2か月ほどではあったが、東京美術学校で同級生であったことも付け加えたいと思います。

=============
◆ライター
大矢鞆音
安野光雅美術館館長・美術評論家
=============

 

「田中一村展 奄美の光 魂の絵画」東京都美術館で開催

孤高の画家・田中一村の大回顧展「田中一村展 奄美の光 魂の絵画」が東京都美術館で2024年9月19日(木)から開催。「アダンの海辺」「白い花」「奄美の海に蘇鐵とアダン」など神童と称された幼年期から最晩年に奄美で描かれた作品まで、200 点を超える作品を一堂にご紹介します。

会 期: 2024 年9 月19 日(木)~12 月1 日(日)
会 場: 東京都美術館
公式サイト: https://isson2024.exhn.jp外部リンク
主 催: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、鹿児島県奄美パーク 田中一村記念美術館、NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社

 

◆関連商品

南の琳派 田中一村 2024年壁掛けカレンダー

 

日本の名画・名品を訪ねて 旅する日曜美術館 北海道・東北・関東・甲信越・北陸

日本の名画・名品を訪ねて 旅する日曜美術館 東海・近畿・中国・四国・九州

         
シェアする x