中世の武家社会に生きた女性 #5 北条政子:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」特別コラム

中世の武家社会に生きた女性 #5 北条政子:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」特別コラム

三谷幸喜が贈る予測不能エンターテインメント!大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は多くの武将が話題となりましたが、さらにその武将を支える女性たちにフォーカスをあてて、ご紹介します。

>>大河ドラマ「鎌倉殿の13人」ブルーレイ/DVD BOX・関連書籍はこちら

北条政子(ほうじょうまさこ)

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場した、頼朝(大泉洋)の御台所(正室)。父・時政(坂東彌十郎)、弟・義時(小栗旬)とともに鎌倉幕府を支えた。のちに尼将軍として君臨。小池栄子が演じた。

源頼朝に恋し、寄り添い、支え続けた政子。夫亡き後は、息子を失いながらもその遺志を次いで幕府を守った。武家社会を生き抜いた、政子の強さとは!?

北条政子は悪女と呼ばれたり女傑とも言われたりしてきました。最近は、政子あっての鎌倉幕府だと、評価が変わってきています。

中世の女性には珍しい行動力、政治力を発揮したことが、政子の評価の源泉です。勿論、生まれた時から政治力があったわけではありません。しかし、行動力については、頼朝との結婚にまつわる話に、既にその片鱗が見えます。『吾妻鏡』から、若い時の政子を振り返ってみましょう。

静御前が鎌倉に召喚されて義経の行方について尋問を受けた時に、頼朝の命令によって、鶴岡八幡宮で芸を披露したことは、静御前のコラムで紹介しました。静御前は、頼朝の面前を憚らず、義経を慕う和歌を二首歌いました。頼朝は激怒しましたが、政子は頼朝をたしなめました。

流人の頼朝と関係を持ったことを知った父時政が政子を閉じ込めたものの、夜の闇に紛れて逃げ出し、大雨の中を頼朝のもとに辿り着いたこと、石橋山の合戦の時には、伊豆山に一人留まり、心配で生きた心地もしなかったこと。

愛する男を慕って行動する強さ、男の逆境に何もできず、ただ不安に身を委ねるしかない口惜しさ、今の静はかつての自分の姿である。今、義経を慕わなかったら、静は「貞女」ではないと、政子は頼朝に訴えました。政子自身も「貞女」なのですね。

「貞女」とは、夫に対して貞節を守る妻、と辞書にはありますが、『吾妻鏡』を見ると、少し異なる意味も含むように思います。

例えば、新田忠常の妻。重病に陥った夫の命を救おうと、代わりに自分の命を縮めると明神に祈り、神は聞き届けて妻は死にました。妻は「貞女」と評判になったとあります。心より夫を慕い、夫のために命を差し出しました。

夫、清水冠者義高を失って、悲嘆のあまりに病に臥した大姫も「貞女」と讃美されています。これも、夫を慕う一途な気持ちを汲んだ言葉です。「貞女」に共通するのは、行動を伴って愛する男を慕う強さです。

夫を思い、激しい行動をとるのは政子だけではありません。静、新田の妻、大姫も同様です。

当時の結婚は、当人同士の同意のみによって成り立つものではありません。結婚は家を繁栄させるための大切な手段です。男性も女性も、それぞれの家に益ある相手(家)と関係を作って、力を伸ばしていくのです。愛する人と結ばれる場合でも、親(家)の承諾がないと成立しません。

流人との結婚がいかにハイリスクか、この決断に至った経緯は、今となっては想像するのみですが、石橋山の合戦の危機を乗り越えた政子は、以後、新しい世界を手に入れることになりました。

夫が亡くなると、妻は再婚します。あるいは、後家として、婚家の家政を取り仕切ることもあります。女性の発言権は強く、周囲の人々も後家を尊敬し、頼りにしました。従って、夫を失った後の妻の奮闘も、政子だけのものではありません。ただ、決定的に異なっていたのは、政子が取り仕切ったのが家ではなく、幕府であったことです。

政子の不幸は、子供との尋常ではない別れが続いたことでしょう。大姫、三幡、頼家、実朝と、見送ることになったのは、頼朝の妻、後家として生きたために甘受せざるを得ないものでもありました。現代の私たちにとって、到底理解の及ばない、深い後悔と悲しみを抱えて、しかし、幕府のため、北条のために生きなくてはなりませんでした。

=============
櫻井陽子(さくらい・ようこ)

静岡県生まれ。お茶の水女子大学大学院博士課程人間文化研究科比較文化学専攻満期退学。博士(人文科学)。現在、駒澤大学文学部教授。『平家物語』などの軍記物語を中心とした中世日本文学の研究を専門としている。著書に『『平家物語』本文考』、『平家物語の形成と受容』、『90分でわかる平家物語』、『平家物語大事典』(共編)、他にCD集「聞いて味わう『平家物語』の世界」などがある。NHKでは、ラジオ〈古典講読〉「平家物語、その魅力的な人物に迫る」に出演。

=============

◆NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」公式サイト
https://www.nhk.or.jp/kamakura13/ 

◆NHK大河60
https://www2.nhk.or.jp/archives/taiga/detail/?vol=61

◆関連商品

大河ドラマ 鎌倉殿の13人 完全版 第壱集 DVD-BOX 全3枚 【NHKグループモール】

NHK大河ドラマ・ガイド 『鎌倉殿の13人 (前編)』 書籍 【NHKグループモール】

NHK大河ドラマ・ガイド 『鎌倉殿の13人(後編)』 書籍【NHKグループモール】

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 鎌倉殿の13人 『北条義時とその時代』書籍NHKグループモール】

【スペシャルセット】NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」関連DVD+書籍セット【NHKグループモール】

大河ドラマ / 大河 /鎌倉殿の13人 / 三谷幸喜 /源頼朝 / 北条政子 / 北条家 / 大泉洋 / 小池栄子 / キャスト

         
シェアする