歴代”家康”を振り返る!「徳川家康」を描いたNHK大河ドラマまとめ

歴代”家康”を振り返る!「徳川家康」を描いたNHK大河ドラマまとめ

2023年1月8日から放送がスタートする大河ドラマ『どうする家康』松本潤さんが主演を務め、徳川家康の生涯を新たな視点で描きます江戸時代の礎を築いた徳川家康ですが、およそ60作品ある大河ドラマの中で“徳川家康が登場する作品が、どれくらいあるかご存知でしょうか? 

本記事では徳川家康を主人公に描いた大河ドラマと歴代の大河ドラマで徳川家康がどのように演じられてきたのかをご紹介します 

目次
1.家康を主人公に描いた大河ドラマは?
 1-1.『徳川家康』(第21作/1983年1~12月)
 1-2.『葵 徳川三代』(第39作/2000年1~12月) 
2.歴代大河ドラマの家康

1. 家康を主人公に描いた大河ドラマは? 

徳川家康といえば関ヶ原の戦いで石田三成率いる西軍に勝利し、江戸幕府を開いた織田信長、豊臣秀吉に並ぶ名の知れた武将です。しかし、その人生は平穏なものではなく、地方のイチ武将が天下統一を果たすまでには様々な苦労がありました
それゆえに今でも子供から大人まで幅広い人気があり、大河ドラマでも何度もその姿が描かれているのです。まずは、徳川家康を主人公にした大河ドラマ作品を見ていきましょう。 

1-1.『徳川家康』(第21作/1983年1~12月) 

徳川家康を主人公にした最初の大河ドラマは、1983年に放送された『徳川家康』。同作には徳川家康を滝田栄さん織田信長を役所広司さん、豊臣秀吉を武田鉄矢さん、そのほかそうそうたる出演者が名を連ねました。 

原作は昭和25年からおよそ20年にわたり新聞上で連載された山岡荘八氏の同名小説で、家康の父・松平広忠と母・於大(おだい)の結婚、そして家康の誕生から始まり、大阪夏の陣を経て最期まで世継ぎのことを案じていた家康75年の生涯を描いています。 

【あらすじ】 
幼年時代から青年時代にかけての人質生活をはじめ、幾多の辛苦をなめながら、織田信長、豊臣秀吉と同時代を生きた徳川家康。その家康が関ヶ原の戦い、大坂冬の陣・夏の陣を経て戦国乱世に終止符を打ち、天下泰平の偉業を成し遂げるまでを描きます 

【主な出演者】 
滝田栄、役所広司、夏目雅子、武田鉄矢、大竹しのぶ、石坂浩二、藤真利子、八千草薫、長門裕之、池上季実子 

【原作】山岡荘八
【脚本】小山内美江子 

◆NHK大河60
https://www2.nhk.or.jp/archives/taiga/detail/?vol=21 

◆大河ドラマ『徳川家康』番組コラムはこちら

◆関連商品 
大河ドラマ 徳川家康 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚 【NHKスクエア】

 

1-2.『葵 徳川三代』(第39作/2000年1~12月) 

 

徳川家康が主役で描かれる2作目は、1999年から2000年にかけて放送された『葵 徳川三代』同作は、家康のほか江戸幕府2代目将軍・徳川秀忠3代目将軍・徳川家光とおよそ300年続くことになる江戸幕府の礎を築いた3人が主役として登場しました。徳川家康を津川雅彦さん、秀忠を西田敏行さん、家光を四代目尾上松緑(放送当時は二代目尾上辰之助さんが演じています。 

葵 徳川三代』は大河ドラマ初となるハイビジョンで制作・放送され、視聴者に当時の雰囲気をより味わってもらうために美術にも様々な工夫が盛り込まれました。 

【あらすじ】 
関ヶ原の合戦から、大坂冬の陣・夏の陣を経て徳川三百年の礎を築いた家康・秀忠・家光の三代を壮大なスケールで描いた歴史人間ドラマ。語りの水戸光圀が案内役となり、関連知識や情報を盛り込みながら物語を解説しました。 

【主な出演者】 
津川雅彦、西田敏行、尾上辰之助(二代目)、岩下志麻、小川真由美、波乃久里子、尾上菊之助、草笛光子、江守徹、中村梅雀、ささきいさお 

【作】ジェームス三木 

◆NHK大河60
https://www2.nhk.or.jp/archives/taiga/detail/?vol=39

◆大河ドラマ『葵~徳川三代~』番組コラムはこちら

◆関連商品 

大河ドラマ 葵 徳川三代 総集編 DVD-BOX 全2枚セット 【NHKスクエア】 

大河ドラマ 葵 徳川三代 完全版 全2巻セット【NHKスクエア】

2.歴代大河ドラマの家康 

江戸幕府を開いたその知名度や歴史的な重要性がゆえに、これまで多くの大河ドラマに登場してきた徳川家康。その数は主役として登場した『徳川家康』『葵 徳川三代』を含めると、60作品中24作品にもなります。そのため、各作品で描かれる家康像は様々。 

大河ドラマ第50作目『江〜姫たちの戦国〜』で家康役を演じた北大路欣也さん。幕末から明治を舞台にした『青天を衝け』では、ナビゲーターという新たな立ち位置で家康を務め、初回から話題になりました。 

さらに、24作のうちには意外性のある配役も。『信長 KING OF ZIPANGU』では郷ひろみさん、『麒麟がくる』では風間俊介さんといった人気タレントが家康役に抜擢されました。 

NHKアーカイブス「大河ドラマの“家康”」 に詳しく掲載されています 

2023年放送スタートの大河ドラマ『どうする家康』。本作で主役としては3作目の登場となる徳川家康。嵐・松本潤さんが作り出す新しい家康像に注目です! 

NHKスクエア 大河ドラマ特集ページはこちら

         
シェアする