大河ドラマ『どうする家康』をとことん楽しむ!大河ファン、歴史ファン必見の関連番組、おすすめ書籍まとめ

大河ドラマ『どうする家康』をとことん楽しむ!大河ファン、歴史ファン必見の関連番組、おすすめ書籍まとめ

嵐・松本潤が主演を務め、古沢良太が脚本を担当する2023年大河ドラマ『どうする家康』。
室町時代後期から江戸時代を舞台に、徳川家康の生涯を新たな視点で描きます。

本記事では大河ドラマ『どうする家康』をとことん楽しむための関連番組、おすすめ書籍をご紹介します。【2023年1月16日(月)更新】


目次

1.大河ドラマ『どうする家康』どんな物語?
2.大河ドラマ『どうする家康』脚本を務めるのは?
3.関連書籍や番組でもっと楽しむ!
 3-1.おすすめ書籍
 3-2.関連番組


1.大河ドラマ
『どうする家康』どんな物語?

小国・三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、駿河の大国・今川家のもとで人質として暮らしていた。今川義元に見込まれた元康は不自由ない生活を保障され、十分な教育を受け、やがて今川家重臣・関口氏純の娘・瀬名と恋に落ちる。今川家に染まる元康を、三河の者たちは苦々しく思っていた。そんな折、父に仕えていた旧臣たちと再会した元康は、彼らが今川家に不満を抱き、松平家再興への思いがくすぶっていることを知る。

1560年(永禄3年)、今川義元は織田領である尾張へ進撃。元康は妻子たちに別れを告げ、織田軍の攻撃を受ける大高城に、兵糧を送り込む任務に就いた。敵方の猛攻をくぐり抜け、大高城にようやくたどりつき、喜んだのもつかの間、桶狭間から衝撃の知らせが届く。大高城に押し寄せるのは、あの織田信長であった。織田軍に包囲される中、家族が待つ駿河に戻るか、故郷の三河へ進むか、それとも籠城か。元康は決断をせまられるのだった。


【放送予定】
2023年18()スタート (初回15分拡大毎週日曜日

[総合] 20時~
[BSプレミアム/BS4K] 18時~

【作】古沢良太
【制作統括】磯智明
【時代考証】小和田哲男 平山優
【風俗考証】佐多芳彦
【芸能考証】友吉鶴心
【人物デザイン監修】柘植伊佐夫

番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/ieyasu/
番組Twitterアカウントhttps://twitter.com/nhk_ieyasu

 

2.大河ドラマ『どうする家康』脚本を務めるのは?

大河ドラマではどのような方が脚本を執筆するのかというのも気になる点です。

2022年度の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では三谷幸喜さんが脚本を務め、鎌倉時代初期の殺伐としたストーリーだけでなく、コミカルな台詞回しやオリジナルの登場人物が話題を呼びました。

『どうする家康』で脚本を担当するのは、『リーガル・ハイ』や『コンフィデンスマンJP』の脚本を手掛けた希代のストーリーテラー・古沢良太さん。古沢さんは2002年に脚本家としてデビューし、その後『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞、『ゴンゾウ 伝説の刑事』で向田邦子賞受賞と数々の実績を積み上げてきた脚本家。“今一番、次回作が楽しみな脚本家”とも言われています。

その古沢さんは2009年、NHKで放送されたドラマ『外事警察』の脚本も担当しました。

『外事警察』は対国際テロ秘匿捜査の精鋭部隊として活動する外事警察、その中でも「ウラ」と呼ばれる“警視庁公安部外事4課”の捜査員たちがスパイとの探り合い、テロリストとの壮絶な情報戦を繰り広げる社会派エンターテインメントドラマ。スパイ天国と呼ばれる日本の実情に、フィクションを織り交ぜたストーリーは放送当時反響を呼びました。

権力闘争が激化する戦国時代末期が舞台の『どうする家康』も、古沢さんの脚本によって毎週目が離せないものになることでしょう!

◆おすすめ書籍


どうする家康(ノベライズ)第一巻

NHK大河ドラマ 完全小説版(全4巻)!ドラマの脚本を基に、ストーリーやセリフを小説として楽しめるようにしたノベライズ第一巻。歴史・大河ドラマファンをはじめ、時代小説ファン、出演者のファンなど、各人それぞれの角度で楽しめます。

 

3.関連書籍や番組でもっと楽しむ!

大河ドラマは、主役となる歴史的偉人をあまり知らずとも楽しめるドラマです。しかし、ドラマを観る前にその歴史的偉人の生涯、また時代背景を予習しておくともっとドラマを楽しむことができます。

そこで、徳川家康という人物、歴史背景を予習できるNHKの番組や書籍を紹介します。

3-1.おすすめ書籍

『NHK大河ドラマ・ガイド どうする家康 前編』

徳川家康の生涯を新たな視点で描く2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』。松本潤主演の注目の大河ドラマを、とことん楽しむためのガイドブック第1弾。

『NHK大河ドラマ歴史ハンドブック どうする家康 徳川家康と家臣団たちの時代』

2023年大河ドラマ『どうする家康』の主人公・徳川家康。歴史学の最新の成果から、いままで日本人に知られてきたイメージとは異なる家康像が浮かび上がってきた。戦国時代をもがきながら生き延びた生涯、桶狭間の戦いから大坂夏の陣までの合戦、そんな家康とともに奮闘する家臣団。知られざる家康と家臣団の姿を、専門家が分かりやすく解説する。


『新説 家康と三方原合戦 生涯唯一の大敗を読み解く』

2023年大河ドラマ『どうする家康』の時代考証者が、家康最大のターニングポイントとなった三方原合戦の真相と、歴史的意義に迫る!

     

    『NHKさかのぼり日本史 (7)戦国 『富を制する者が天下を制す』

      実に100人以上の大名たちが覇を競い争った戦国時代。信長、秀吉、家康の3人はなぜその頂点に立つことができたのかを、“経済改革”という新たな視点から迫った一冊です。

      NHK大河ドラマ大全『50作品徹底ガイド 完全保存版』

      NHKがこれまで放送してきた大河ドラマのうち、50作品の制作者が語る知られざる真実や、舞台となった地域を紹介。さらに、主演俳優への独占インタビューや対談も収録した読んで見て楽しくて役に立つムックです。

      プレイバックNHK大河ドラマ 『時代・人物・トピックス別 徹底ガイド』

      大河ドラマ第60作記念で発売された同書籍は、各作品の魅力や見どころを、時代・人物などテーマ別に徹底解説。制作秘話、クリエイターによる大河ドラマ評、ドラマが描いた時代をたどる大河ドラマ年表を収めています。

      『どうする家康』の最新情報も掲載されているので、大河ドラマファンなら入手しておきたい内容になっています。

      3-2.関連番組

      歴史探偵『どうする家康 コラボスペシャル』
      [NHK総合]
      2023年1月1日(日) 10時~11時

      50ボイス『どうする家康』
      [NHK総合]
      2023年12() 1715分~17時58

      『どうする家康』はどうなる!?戦国大河ドラマ名場面スペシャル
      [NHK BSプレミアム]
      2023年12() 21時~23

      『日本最強の城スペシャル 第13弾』徳川家康の城を特集
      [NHK総合]
      2023年13() 19時20分~20時43分

      『どうする家康』信長に聞け!松本潤新春SP対談
      [NHK総合]
      2023年13() 1215分~1243
      2023年14() 23時~2328()
      2023年17(135分~13時33()

      そのほかの「どうする家康」関連番組情報はこちら
      *放送予定は変更する場合があります。番組表(https://www.nhk.jp/timetable/)をご覧ください。

      大河ドラマ / 大河 /どうする家康 / 松本潤 / 古沢良太 / 徳川家康 / 織田信長 / 武田信玄

               
      シェアする x