商品情報にスキップ
1 4
書籍

どうする家康(ノベライズ)

通常価格 ¥1,650
通常価格 セール価格 ¥1,650
セール 売り切れ
税込

※ご購入には会員登録が必須になります。

松本潤主演の大河ドラマを完全小説化!ストーリーをいち早く楽しみたいファン必携の書

松本潤主演で大注目の大河ドラマ「どうする家康」。誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の活躍を新たな視点で描くのは、「リーガル・ハイ」や「コンフィデンスマンJP」の脚本を手掛けた希代のストーリーテラー・古沢良太。そんな古沢良太が描く徳川家康はどんな人物なのか。そして演じる松本潤はどんな家康に命を吹き込むのか。本書は、ドラマの脚本を基に、ストーリーやセリフを小説として楽しめるようにしたノベライズ第一巻。歴史・大河ドラマファンをはじめ、時代小説ファン、出演者のファンなど、各人それぞれの角度で楽しめる。2023年1月の放送開始に先んじて、ストーリーをいち早くお届けする。

【物語】
小国・三河の岡崎城主・松平広忠の子として生まれた松平元康(のちの家康)は戦乱で父を失い、母とも離れ、駿河の大国・今川家のもとで人質として暮らしていた。今川義元に見込まれた元康は不自由ない生活を保障され、十分な教育を受け、やがて今川家重臣・関口氏純の娘・瀬名と恋に落ちる。今川家に染まる元康を、三河の者たちは苦々しく思っていた。そんな折、父に仕えていた旧臣たちと再会した元康は、彼らが今川家に不満を抱き、松平家再興への思いがくすぶっていることを知る。
1560年(永禄3年)、今川義元は織田領である尾張へ進撃。元康は妻子たちに別れを告げ、織田軍の攻撃を受ける大高城に、兵糧を送り込む任務に就いた。敵方の猛攻をくぐり抜け、大高城にようやくたどりつき、喜んだのもつかの間、桶狭間から衝撃の知らせが届く。大高城に押し寄せるのは、あの織田信長であった。織田軍に包囲される中、家族が待つ駿河に戻るか、故郷の三河へ進むか、それとも籠城か。元康は決断をせまられるのだった。

【著者情報】
古沢 良太 作
2002年脚本家デビュー。「ALWAYS 三丁目の夕日」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。「ゴンゾウ 伝説の刑事」で向田邦子賞受賞。主な作品に「外事警察」(NHK)、「鈴木先生」「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」「コンフィデンスマンJP」。またEテレ子ども向け人形劇「Q~こどものための哲学」の脚本を担当するなど多分野にわたり活躍。


【関連商品】

『NHK大河ドラマ・ガイド どうする家康 前編』はこちら

『NHK大河ドラマ歴史ハンドブック どうする家康 徳川家康と家臣団たちの時代』はこちら

『新説 家康と三方原合戦 生涯唯一の大敗を読み解く』はこちら

 

 【最新情報をメルマガでお届けします】

NHKグループモールに会員登録(無料)いただけますと、メールマガジンにて新商品のご案内や読みもの、お得なキャンペーン情報などをお届けいたします。
まだ、お手続きがお済みでない方はこちらからご登録いただけます。