商品情報にスキップ
1 4
書籍

【スペシャルセット】田中一村 2024年壁掛けカレンダー・作品集セット

通常価格 ¥6,930
通常価格 セール価格 ¥6,930
セール 売り切れ
税込
※ご購入には会員登録が必要です。会員登録をして購入する

奄美の自然を描いた日本画家、田中一村の作品を楽しめるカレンダーと作品集のセットです。

■セット内容

・南の琳派 田中一村 2024年壁掛けカレンダー
・田中一村作品集[増補改訂版]

南の琳派 田中一村 2024年壁掛けカレンダー
田中一村が若き日に描いた作品から、自然遺産の島・奄美を描いた作品まで、選りすぐりの6点を収載。

【商品情報】
判型:縦730mm×横300mm8枚(4c片面印刷)ビニール入り
ページ数:8ページ

発売日 2023年9月1日

田中一村作品集[増補改訂版]
決定版『田中一村作品集』、228点を収載。
2001年に出版された『田中一村作品集[新版]』の増補改訂版。異端の画家・田中一村は、特定の画壇に属さず師につかず、その学びの姿勢は克己と挑戦であった。日本の南画にとどまらず、本場中国美術をも自分のものにし、西洋絵画においてはピカソまで視野に入れていた。独学の果てに選んだテーマは「墨画の近代化」。亜熱帯の植物をモチーフに「奄美12か月」を完成させた。228点におよぶ収載作品から、その生涯と軌跡を新たにたどる。

【商品情報】
判型:B4変型判
ページ数:136ページ

発売日 2013年12月10日

■プロフィール
田中一村 田中一村記念美術館より抜粋
明治41(1908)年、栃木県生まれ。大正15(1926)年に東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科入学後、わずか2か月余りで中退。その後は、南画家として活動。第19回青龍展に「白い花」を出品入選するが、その後中央画壇とつながりをもつことはなかった。昭和33(1958)年、50歳で単身奄美大島に移住。紬工場で染色工として働き、蓄えができたら絵を描くという生活を繰り返し、亜熱帯の植物や動物を描き続け、独特の世界を作りあげた。絵描きとして清貧で孤高な生き方を通した一村は、昭和52(1977)年、誰にも看取られることなく69年の生涯を静かに閉じた。

■関連商品


【スペシャルセット】田中一村 グッズセット


【スペシャルセット】田中一村 絵はがきセット1


【スペシャルセット】田中一村 絵はがきセット2


【スペシャルセット】田中一村 絵はがきセット3


南の琳派 田中一村 2024年壁掛けカレンダー

 

▼NHKグループモールでは様々な展覧会の図録を販売中です。


特別展「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」公式図録 3,300円


「永遠の都ローマ展」公式図録 3,000円


特別展「東福寺」 公式図録 3,000円


特別展「海 ―生命のみなもと―」公式図録 2,600円


特別展「恐竜博2023」公式図録 2,400円